空間情報とはどういったものか

空間情報とは地理や空間に関連した情報を言います。

何気ない言葉のようにも見えますが、地理空間情報活用推進基本法の第二条第一項に定義されている用語でもあります。空間情報は別段意識しなくても、日常生活の中で自然と存在しています。例えばここのお店ではボールペンが安い、あそこに大きな看板があるといった情報も空間情報に含まれます。また、道路や建物、樹木なども重大な情報といえるでしょう。人々はそれらの情報を手に入れることによって、日常生活に役立てることが出来ます。長く住んでいる町であればどこにどんなお店があるかといったことを把握している方が多く、日々の買い物に活用することが出来ます。新しい場所を訪れた場合にはそういった知識がありませんが、昨今では地図アプリなどを使うことで空間情報を入手することが出来、それが旅行の際にも役立てられています。

カーナビゲーションシステムはそれらの情報の有益性に目を付けたシステムであり、現代では非常に多くの自動車に取り付けられるようになりました。災害の際にもその情報は重要となります。津波や洪水の危険性が少ない場所を知っていることで、避難するときに役立てることが出来ます。それらの情報はハザードマップとも呼ばれます。ハザードマップは自治体や国が作成することもあります。住民の安全を守るために適切な情報を提示することは、地方公共団体にとって重大な義務の1つともいえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *