空間情報とは何か?わかりやすく解説

空間情報は地理情報とも呼ばれるもので、一般的には地理空間情報と呼ばれています。

空間と聞いたとき室内などを連想されたり、お店の中をイメージされる人も多いかと思われますが、地理の名称が付くことでその空間がとても広い場所であることがわかるのではないでしょうか。普段利用するネットの中にある地図も一つの地理空間情報に相当するもの、地図の場合には最寄り駅までの道順を調べることができたり、この道をまっすぐ行くとどこに通じるのか、このような情報が詰まっているわけです。

新しい道路ができるとカーナビではその道路が地図上に表示されない場合が多くありますが、地図を更新することで新たに追加された道路が表示されるようになる、これに伴いカーナビの機能を使って目的地までのルートを特定できるようになります。地図は位置を目視することができる情報の集まりで、今現在いる場所を地図上に表示させることは容易に行えます。

これは位置情報を取得可能なGPSを使えば良いわけで、GPS衛星から放たれる電波を受信することで緯度および経度が計算されて地図に居場所を表示させる仕組みになります。このとき使う地図はGISと呼ぶ地理情報システムであり、GPSとGISの技術を使ったG空間情報は空間上の特定ポイント、もしくは区域の位置を示す情報などを取得することが可能です。一見意味がわかりにくい空間情報も地図を例えることで理解力が深まるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *