GPSやGIS技術が空間情報を提供

地理情報システムのGISおよび衛星測位システムのGPSは、国や地方公共団体の中での行政の各分野や民間事業者によりそれぞれ個別に活用し続けられている技術ですが、平成7年に発生した阪神・淡路大震災を機に、被災状況の把握および復興計画の立案を行う際に地理情報システムが関係府省で活用されたなどの歴史があります。

ただ、このときは関係負傷が独自にシステムやデータを整備していたため効率化を図ることや相互利用ができなかった、このような教訓を生かし地理情報システムの普及を目的的とした施策を講じるようになったといいます。この地理情報は空間情報ともいえるもので、空間情報は地理空間情報でもあるもの、地理と空間はほぼ同義です。航空写真を見ることで、現在自分が住んでいる場所の周辺がどのような状態になっているのかを把握できますし、航空写真はネットの中にある地図サービスの一つですから、普段利用しているスマートフォンでも閲覧ができる、地図と同期させることで現在地点の先にはどのような光景が広がるのかをその場所に行く前に把握することも可能です。

航空写真や地図も空間情報の一つであり、なくてはならない存在になっているわけですがその中でもネットの中にある地図は、無料で利用できるメリットや現在位置から目的地までの距離および時間を瞬時に表示してくれるメリットも持ちます。また、航空レーザー測量のような技術を使うことで地形図の製作も実現するなど空間情報に必要なものを与えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *