航空機をカメラで撮影してみませんか?

航空機は1機1機に人間同様顔を持っており、遠目から見ると同じに見える航空機であっても、よく見るとそれぞれの個性があります。

また、航空会社がたくさん存在し、アライアンスごとにアライアンスマークが翼に刻印されています。しかし、すべての航空機の顔やアライアンスを覚えておくことは不可能です。そして、航空機は鉄道同様、ボーイングの種類やエンジンなどにより767型や777型などといった複数の型が存在している為、同じ航空会社で同じアライアンスであっても型の違いにより、さらに細分化されます。そこで、カメラによる撮影をお勧めします。カメラで撮影して保存しておくことにより、微々たる違いに気がつくだけでなく、自分が実際に搭乗した場合はそのフライトの思い出や、新型機材などはお披露目すぐの頃に駐機場や滑走路において出会えるとどことなく優越感に浸る事ができます。

一概にカメラといってもスマートホンからチェキ、今では少なくなったフィルム型、そして1番性能が良いとされている一眼レフなどといった撮影の機会や用途によってカメラの種類を自身なりに変更する事が可能です。乗り物を撮影する人々は理解されにくい傾向にありますが、旅行の一コマという形で考えると、子供連れのご家庭であれば「子供がどのような飛行機で旅行したかの記録」や「搭乗する飛行機と一緒に子供が写真を撮ることにより飛行機の不安をなくす」といった新たな試みにもつながります。航空機は1機1機に人間同様顔を持っており、遠目から見ると同じに見える航空機であっても、よく見るとそれぞれの個性があります。また、航空会社がたくさん存在し、アライアンスごとにアライアンスマークが翼に刻印されています。しかし、すべての航空機の顔やアライアンスを覚えておくことは不可能です。そして、航空機は鉄道同様、ボーイングの種類やエンジンなどにより767型や777型などといった複数の型が存在している為、同じ航空会社で同じアライアンスであっても型の違いにより、さらに細分化されます。そこで、カメラによる撮影をお勧めします。

カメラで撮影して保存しておくことにより、微々たる違いに気がつくだけでなく、自分が実際に搭乗した場合はそのフライトの思い出や、新型機材などはお披露目すぐの頃に駐機場や滑走路において出会えるとどことなく優越感に浸る事ができます。一概にカメラといってもスマートホンからチェキ、今では少なくなったフィルム型、そして1番性能が良いとされている一眼レフなどといった撮影の機会や用途によってカメラの種類を自身なりに変更する事が可能です。乗り物を撮影する人々は理解されにくい傾向にありますが、旅行の一コマという形で考えると、子供連れのご家庭であれば「子供がどのような飛行機で旅行したかの記録」や「搭乗する飛行機と一緒に子供が写真を撮ることにより飛行機の不安をなくす」といった新たな試みにもつながります。
航空機のカメラ撮影のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *