航空機撮影を成功させるためのカメラテクニック

一見すると被写体が大きいことから簡単に思える航空機の撮影ですが、実際はカメラに関する高度な技術を持っていないとうまくいきません。

と言ってもコツさえ掴んでおけば初心者の方でも航空機を綺麗に撮影することができるので、まずはカメラを構えて数をたくさんこなすことをおすすめします。航空機の撮影では、被写体にカメラのピントを合わせることが重要になってきます。特に飛行中の被写体は大胆なアングルで動きのある一枚が撮れるのですが、移動速度も速いためピントを合わせるのは至難の技です。そこでおすすめなのが置きピンと呼ばれるテクニックを使うことです。置きピンとはピントを置いておくという言葉からきており、被写体が通過する空間にあらかじめピントを合わせておいて、ファインダーに入った瞬間にシャッターを切ります。ピントは設定してあるので、一瞬で通り過ぎる被写体もボケずに撮れるというわけです。

空港などに止まっている航空機の撮影は、カメラでシャッターを合わせやすいので比較的簡単です。しかし被写体まで距離が遠いのでぶれる恐れがあります。これを防ぐには三脚を使うようにしてください。三脚はしっかりと固定できる台のことで、シャッター時のブレを防ぐ効果があります。特に被写体までの距離が遠くなればなるほど、ブレが大きくなりやすいので必ず用意しておくようにしましょう。天候も意識するようにしてください。曇りや雨の日は暗いため、どうしてもシャッター速度が遅くなってしまうからです。航空機撮影はなるべく晴れの日にカメラを構えるようにすると、ブレの少ない写真が撮れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *