航空機とカメラを使って空中から撮影

テレビなどでは、色々なエリアを紹介する際に空から撮影した風景がよく使われます。

空からみた風景は、その場所全体を把握することができて非常に便利です。ただし、撮影をするためには航空機にカメラマンが乗って作業する必要があります。飛行機の上では揺れもあるため、撮影にはカメラマンの技術が必要です。使われるカメラ自体にも、揺れの補正システムが導入されていた方が安心です。最近では、中にジャイロが組み込まれていてかなりの高精度で補正が行われるようになっています。とはいえ、航空機を準備したり技術者が必要なことから費用がかかることには変わりません。

ヘリコプターなどの航空機を手配するとなると大変ですが、最近ではドローンを使った撮影なども人気を集めています。ドローンを使えば、操縦士も必要なく1人で作業することも可能です。小型なものなら、個人でも気軽に購入できるタイプがたくさん販売されています。と言っても、購入したからと言ってどこでも飛ばして良いわけではないので注意が必要です。航空機を使う時もそうですが、ドローンを利用して撮影する際には必ず事前に許可が必要になります。

作業を専門としている会社では、事前にそうした許可をとっていることがほとんどです。個人で行う時も、申請が必要になるので忘れないようにしてください。もし、勝手に飛ばして建物などを傷つけたときは賠償問題にもなります。許可さえ取れば、スムーズにことは進むので心配ないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *