航空レーザー計測で用いる機器

航空レーザー計測とは、特別に開発された航空機に設置したレーザー測距儀という機器からレーザーを発射して、その反射における時間差によって距離を測るといった方法です。レーザーを地面に照射するわけですが、そのパルスは建物や木などにも反射します。それらの高さも測れるということです。空中写真測量と航空レーザー計測の違いについては、後者の方法なら夜間であっても計測可能です。

また木の葉なども透過するため、木が生い茂った森林地帯でも詳細なデータを取得できます。航空レーザー計測では、GPSやレーザー測距儀に設置したIMUという慣性計測装置から専用の航空機の位置情報を把握します。デジタルカメラが搭載されたものなら、その空中写真を同時に得ることができるでしょう。IMUについてくわしく説明します。

これはジャイロを改良した航空機の姿勢及び加速度を把握することができるものです。その測定値からレーザーが照射された位置方向を正確に補正できます。この計測におけるレーザー点ごとの高さの精度は前後15センチです。精度は計測高度には依拠するものではありません。

高々度から撮られたりしたものである空中写真測量における標高値より高精度です。陰影段彩図と呼ばれる立体的に俯瞰することができる図などが、航空レーザー計測のデータを基に作成できるものです。高さのデータに対して高い部分を赤、低い部分を青として表現し、それに影をつけた図になります。航空レーザー計測のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *