航空レーザー計測でできること

昨今では特殊な航空レーザーを使った3次元測量が可能になりました。航空レーザー計測の技術で3次元の点群データを取得することができます。そのデータは多発する災害に対する防災また河川や道路、森林について考える際、大いに役立つでしょう。砂防や農業、都市計画においてもそうです。

段彩図というものを航空レーザー計測を基に作成します。この図は標高値を連続的に分割したものを色分けして現したものです。一報、陰影図は標高データに対して光源である太陽の位置方向と高度を設定することによって、地形の起伏状況を現したものです。陰影段彩図と呼ばれる段彩図と陰影図を合成して作り上げるものもあります。

陰影段彩図は段彩図や陰影図の欠点を補うものになります。鳥瞰図という図の説明もしましょう。標高データを空の上から俯瞰するイメージで表現したものが鳥瞰図です。パソコン上で必要なシミュレーションを行う際などにこの図は使われます。

航空レーザー計測ではレーザー測距を行う装置のレーザーパルスを地面に照射します。波形記録が可能な装置の需要は特に高いです。地表からの強いレーザーパルスだけではなく、森林内部また下層植生における弱いパルスも取得可能ゆえでしょう。木や建物の面形状を高精度な測量もこの装置なら実現できます。

測量成果に対してフィルタリングつまり木や建物の計測値を取り除くこともできます。必要に応じてフィルタリングした図を活用してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *