航空レーザー計測の技術と仕組

レーザー測距やGNSS、IMUから成る航空レーザー計測について説明しましょう。まずレーザー測距装置は特別なレーザーを地面に向かって照射して、跳ね返って戻ってくるまでの時間により距離を測る機器です。GNSSについては、この受信機器で計測する航空機の位置を捉えることができます。地面にある電子基準点と呼ばれるものを利用した連続的なキネマティック測量、つまり非常に高精度な測定が可能です。

IMUに関しては、このジャイロを改良した慣性計測機器で使用する飛行機の加速度を計測することができます。飛行機の姿勢を把握したり、レーザーが照射された方向を補正したりすることもできます。航空レーザー計測ではレーザー測距やGNSS、IMUにおける非常に優れた技術によって、地面に達したレーザーの光の計測点をはじき出せます。レーザー計測点の高さは1センチ単位で示すことが可能、高さの精度に関しては15センチほど前後するでしょう。

水平方向は高さの精度よりも劣るものの1ミリほどです。航空レーザー計測におけるレーザーは木に対しても反射します。レーザースポットは点ではなく円いので木を含め色々な所に反射します。ただし照葉樹のような葉が茂っているものは苦手で、場合によっては高さのデータを取得することができません。

他に水中なども苦手です。樹木の高さをフィルタリングで取り除くことも可能です。取り除いたデータを基にした図も作れるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *