空間情報の多彩な活用分野

空間情報とは、空間上の特定の地点や位置に関する情報で、その場所に関連付けられた情報も含まれます。それで、空間情報は幅広く存在していて、非常に身近な情報でもあり、よく利用されているものとしてカーナビゲーションシステムやインターネット上で公開されている地図データなどが挙げられます。以前から使われてきた紙面での地図と比べて、飲食店などの情報を載せたり、ハザードマップとして使うなど、用途に応じた使い方が広がる点が利点です。空間情報は企業が利益目的に利用することも増えていて、マーケティングリサーチのために用いたり、店舗の出店計画に採用して成功している事例も見受けられます。

空間情報は、スマートフォンやタブレットを活用することで一方的なコミュニケーションではなく、双方向の参加型ツールとして使える点にも注目が集まっています。例えば、現実の社会の情報に仮想的な視覚情報を重複表示するAR技術を用いることで、より詳しい観光情報を現地で手に入れることが可能です。また、QRコードを活用した情報提供では、日本語だけでなく情報を利用しようとしている方の言語で情報提供ができるなど、利便性を向上させることができます。また、GPS機能と連動させることで、事故や災害時に、現場の状況を写真や動画を用いていち早く伝えることができるので、迅速かつ適切な対応をとることが可能になります。

利用価値が高い空間情報ですが、情報活用の際には個人情報保護の観点から配慮が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *