新時代が到来している空間情報の活用範囲は広がります

空間情報という新しい言葉が普及をしていて、以前はヘリコプターや航空機から得られるデータが主でしたが、現在では衛星やドローンなどからでも情報を簡単に得ることができる新時代です。あらゆる空間情報を収集する企業が増加しており、その活用範囲や目的は企業によって違いはあります。都市圏など住宅のあるエリアなど国土全般においては、地図を作製する際には常に正確なデータが必要とされ、住宅の新築や解体、増改築などの情報を収集することで役立つ仕事は存在します。土地開発やあらゆるインフラ整備で必須な情報となることが多く、民間企業でも国の仕事でも貢献をしています。

日本国内では国土の約70%が森林と言われているように、森林の環境を把握する仕事も行われています。仕事を行う方が、地図を頼りにして自ら足を運んでデータを収集するよりも、空間情報を得ることにより、瞬時に面積や森林の状態、更に樹木の種類まで自動判別させることも可能です。全国に広がるインフラの中には、道路という分野もあり、路面状況を確認しながら工事が進められています。以前はパトロールによって悪化している道路状況をチェックすることが行われてきましたが、空間情報を利用することで、穴が開いている場所や、陥没している道路、変形している道路などを確実性を持って表示させられます。

このような空間情報は、IT関連と連動してデータを収集しているものなので、進化を続けるAIの技術も盛り込まれるようになりました。その結果として本来であれば多大な時間と経費が掛かるような調査を低コストで常に正確で誤差のないデータを集められるので、社会貢献には優れた効果を発揮する情報源です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *