無限の可能性がある空間情報

空間情報とは、特定空間のある地点と区域の位置を示す位置情報、それに関連付けられたさまざまな事象から成り立っています。簡単に説明すると、とある場所にあるラーメン店が提供するメニューの内容と値段だけでも、立派な空間情報です。こうした情報は地域における自然や災害、社会経済活動など特定テーマの状況を表現するためのマップとして表わされており、たとえばハザードマップや土地利用図、地質図な多様な情報があります。これらのマップを活用することによって災害時の被害を軽減したり、ビジネスを行うときの参考にしたりと大いに役立つシーンがあるでしょう。

そのためさまざまな場面で活用される情報として、官民一体で活用が行われています。空間情報を活用した情報を扱う企業は増えており、たとえばITと融合することによって情報の収集や閲覧を容易にして、マーケティングなどに活用したりしています。スマートフォンやタブレット端末などモバイル機器と融合したりと、特にITを絡めたビジネス展開は多く今後の新しいサービスが誕生するキッカケになるかもしれません。空間情報を活用した新サービスが登場することによって、一般の人々の生活はさらに便利になります。

災害時にも効果的に活用されるようになれば、被害の軽減や復興のスピードアップに繋げることもできるでしょう。なんでもない情報でも活用次第で無限の可能性が広がっているのが、空間情報といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *