空間情報とビックデータの関連性

最近では様々な情報を利用して統計学的に分析を行い、その結果をビジネスに利用すると言う風潮が強まっています。ビックデータと言う考え方が一般的になり、人々の行動パターンや様々な現象などをデータとして蓄積して、これを様々な側面から分析し利用することで、多くの人々の行動や社会の流れの予測を行う方法が、よく行われるようになりました。そして、これらの情報をもとに様々なビジネスに利用しようと考えられたのが、空間情報の仕組みと言うことができます。空間情報は一般的には地球空間において様々な意味を持つデータを配置することと考えられていますが、実際にはそれだけではなく様々なビジネスにおける行動分析をもとに、これらの行動を促進するための付加価値を持った情報となっています。

そのため、これらの情報を利用することで効率的に活動を行うことができると言うメリットが得られる反面、その情報に自らの行動が左右されてしまいがちであると言う問題を生じることもあるため、注意をしなければなりません。空間情報の利用例でわかりやすいのが、カーナビで目的地を探すケースです。あらかじめ自分が目的とする場所を明確に決めておけば良いのですが、単純に和食が食べたいとか、中華が食べたいと言った場合にこれに対応して最寄りの店舗を見つけてくれる仕組みを持っているものがあります。これは一見非常にわかりやすく便利なものと考えられていますが、実は空間情報を利用した特定の店舗への誘導と考えられる面もあるため注意をしなければなりません。

これはビックデータを利用した様々な影響例と考えることもできるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *