空撮で得られる立体感

昨今企業や店舗、学校や自然環境などいろいろな建物や場所などの紹介に利用されているのが空撮です。少し前であれば、飛行機やヘリコプターといった大きな機体を利用し、空から写真や映像を撮影していましたが、現代では、ドローンを使用することにより、簡単に安全を確保したうえで空撮をすることができます。地面にいる状態で撮影した画像や映像は、見る側はどうしても平面的なものとして見てしまいます。しかし、空から撮影された画像や映像は、高さという要素が加わるため、非常に立体的に見えます。

撮影する人の技術という要素ももちろん多くありますが、パッと見た時の印象には大きな差があります。また、少し前までの空撮は、先ほども記載したように飛行機やヘリコプターを使用して行っていたため、狭い空間や場所に入ることができず、大きく引いた画像や映像しか撮影できませんでした。昨今のドローンを使用した空撮では、ドローン自体が小型化してきたということもあり、狭い空間の中の撮影も可能になりました。この技術を利用することにより、建築物を作るときの状況確認や、補修時の状況確認、人が踏み入ることができないような場所に生息している動植物の生態の確認など、今までにできなかったことができるようになりました。

特に、ドローンを使って空撮した映像はその瞬間だけでなく、時間の経過まで記録できるといった点で、今後もいろいろな分野で活用されることが予想されます。空撮のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *