空撮には免許が必要か

本格的な空撮が楽しめることから、今注目されているアイテムがドローンです。ドローンとは、無人航空機の総称で近年は愛好家の間で飛行競争などを楽しむ風景も見ることが出来ます。ところで、この空撮やドローンの飛行を行うためには免許が必要だと思われやすいものですが、そのようなことはありません。ドローンや空撮に免許は必要なく、ただ飛ばす場所に制限があったりするため、許可申請を行う必要があるだけです。

また、飛行技術やより高等な操作を学ぶために民間資格が存在しています。それらの取得を行う際には、免許のように見える可能性があるでしょう。ただしこれは、官公庁の発行したものではありません。あくまで民間の資格です。

ドローンや空撮の民間資格は、講習団体がその資格管理を行っています。それぞれの団体系列で講習やテストを受けたあと、資格や終了証が発行される仕組みです。これはドローン免許、空撮免許として認知されやすいものと言えます。法律上ドローンの規制が必要となるのは、飛行場所や飛行方法です。

特に航空法や電波法といった法律は、ドローンと深い関わりがあります。こうした基礎知識をきちんと習得しており、操縦技術を証明するために資格は非常に有効なものでしょう。ビジネスでドローンを使用するといった場合は、こうした資格が有効です。気軽に一般の人が、ドローンの操縦を楽しんでみたいというのであれば、これらは必要ありません。

安心して楽しむことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *