趣味としての空撮を楽しもう

空撮とは、文字通り「空から撮影を行う」ことです。以前は、ヘリコプターなどにカメラマンを乗せ、撮影するという手法しか取れませんでした。ところが、現代ではドローンが活躍し、一般的な趣味としても大きく普及しています。ドローンとは、無人航空機のことを意味しており、この操作のために必要となる免許はありません。

従来の空撮映像よりも迫力のある映像を撮影することができ、被写体に近くまで迫ることが出来ます。ヘリコプターやセスナ機をチャーターする必要もなく、費用も小さく済むようになりました。性能が良いものであれば、ブレがなく精密で美しい映像を撮影することも可能です。持ち物は本体、部品とバッテリーだけですから様々な地域に行くことも出来ます。

楽しい空撮ですが、無許可で飛ばすのが禁止されている区域があります。空港周辺や人口密集地区、夜間飛行・イベント会場上空などです。これらは「航空法」という法律に触れることになりますから、あらかじめしっかりと学んだうえで空撮を楽しむべきと言えます。「航空法」以外にも、ドローンを規制する法律があることも忘れてはいけません。

国の重要施設や外国公館、私有地の上空や条例で禁止されている場所は、空撮を行ってはいけないことになっています。問題なくドローンを楽しむのであれば、あらかじめ国土交通省へ飛行許可申請を行うべきです。オンラインから受付を行っており、平日であればヘルプデスクも開設されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *