航空レーザー計測が活用される場面

航空レーザー計測と呼ばれるものは航空機にレーダー計測器を搭載し、それによって地表の凹凸を確認することができるというものです。一般的に測量と呼ばれるものは地上で行われるものですが、その計測できる範囲は限られており広範囲を計測するには膨大な時間がかかるものですが、上空から計測することによって短時間のうちに行うことができます。航空レーザー計測のメリットは短期間のうちに広範囲の場所を瞬時にデータ化できるということですが、一方でその精度は地上で行われるものと比べれば劣ってしまいます。しかし近年はより高性能なレーザー計測器が登場していますし、デジタル技術の発展によって修正する技術も高まっていますから一昔前と比べるはより高度な情報を得ることができるものです。

航空レーザー計測が使われる場面というのはそれほど多くありませんが、活用方法は多くあり特に人が立ち入ることが難しいような場所であったり、建物が密集するような場所であっても簡単に測量が行えます。例えば山林などの地形を確認するために利用されますし、河川の土砂堆積の変化などを確認することが可能となるものです。また建物が建っていても表面の起伏を簡単に知ることができるようなものですから、洪水などの災害時に浸水箇所を確認するということにも役立てることができます。それとこれらはすべてデジタルデータで記録されていますから、過去のデータと照合することが容易で地形変化を知るという点においても強みがあるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *