効率的に立面図を作りたいなら航空レーザー計測が便利

現在、世に出回っている多くの地図は、航空機や人工衛星などを使って上空から撮影された写真を参考資料として作製されています。撮影に使われるカメラの解像度は年々向上しているので、地上の小さな工作物や地形の変化なども詳細にとらえられるようになっています。ただ、言うまでもないことですがカメラによって撮影された画像は地上の様子を二次元レベルでしか再現できないため、これに基づいて作製できるのは平面図だけです。立面図や鳥瞰図など、地形等を立体的に表現した地図を作る際は、別のデータが必要になります。

その際、よく用いられるのが航空レーザー計測と呼ばれるテクノロジーです。航空レーザー計測は、上空から地上に向かってレーザーを照射し、反射して戻ってくるまでの時間を計測することで地上までの距離を算出することのできる技術です。つまりこの計測機器を航空機に載せて飛行し、地上に向かって連続してレーザーを照射すれば、その飛行ルートに沿って地上までの距離すなわち地上の起伏が記録されることになります。高い山や深い谷などの高低差を計測するには、従来は現地に赴いて地上で測量を行っていました。

そのため、測量すべき範囲が広域にわたる時は作業に大変な手間がかかっていました。しかし航空レーザー計測を利用すれば、迅速かつ効率的に標高や斜面の角度などを正確に計測・記録することができます。記録されたデータはコンピュータで加工処理できるので、グラフィック化も容易です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *