MMSなら道路の表面の情婦がわかる

MMSでわかることとして、走行したところの視覚情報や空間情報があります。特に道路や法面、構造物の表面の情報がわかるので、メンテナンス計画に利用することが可能です。舗装路などの表面は経年で劣化し、形が変わってしまいます。わだちになれば水が溜まったり、走行が困難になり事故の原因になります。

路面調査では、そのような表面の状態を確認する必要がありますが、目視では限界があります。だからと言って測量していたのでは時間ばかりかかってしまいます。そんな時にMMSを使えば短時間でデータを取得することが可能です。変形はレーザー測量で、確認することができるし、表面の状態はカメラの画像で見ることが可能です。

路面に書かれている情報のかすれ具合でも目視できるので、便利です。そのほか法面の状況も数値として比較できるので、崩れる恐れを事前に察知することもできます。周りに存在している植物の位置も見られれば、伐採の計画も立てやすくなります。なかなか的確な時期におこなことが困難な作業ですが、定期的に行われる調査を活用すれば、いつ実施するのが適当かわかるでしょう。

MMSはトンネル内の確認も可能です。天井などのヒビや沈下なども把握することができるので、危険な場所を見つけ出すことが可能です。これによって崩落のリスクを回避することができて安心です。水の滲み具合は画像で確認できるので、打診の要否も判断しやすくなります。

これによってメンテナンスのコストを抑えることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *