MMSでできる空間情報

MMSの活用は、今後広がっていくことが期待されています。それはリモートで場所の情報を手に取るようにわかるからです。目に見える情報や実際の大きさなどは、この情報で十分把握することができます。観光などで訪れる場所を、自宅で楽しむような活用が可能になる日も近いでしょう。

MMSはレーザー測量で取得する点群データと全周囲の高解像度の画像、GPSなどの受信データのよる測定点の位置情報や向きなどが蓄積されます。測定は走行するだけで取得できるので時間はかかりませんが、その後の処理はかなりの時間を要します。まずはGPSの位置情報を起点として点群データを構築します。対象物の正確な位置が記録されたものからたまたま通り過ぎたような不要なデータを除去します。

車両の向きによってずれる位置についても補正が必要です。この情報がしっかりしていないと正確な比較ができなくなり、時系列の変化などに利用できません。点群データには何かがあることはわかりますが、それが何を意味しているのか、何色で何が書かれているのかと言う視覚情報はありません。全周囲の画像は、それを明確にしていきます。

道路の表示や標識の内容などはこの情報でなければわかりません。このような情報を一定間隔でつなぎ合わせることで三次元のイメージの中を移動することが可能になります。MMSで取得したデータは、加工次第でいろいろな用途に活用できます。これからも新しい使い方が発見されるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *