MMSを利用したデータ取得の流れ

MMSを利用すると、周辺の位置情報を簡単に取ることが可能です。自動車などに取り付けたシステムを使うと走行するだけで、情報が記録されます。データの納品まではいくつかの工程で進められます。まずは情報の用途によって必要となるデータの種類の確認です。

測定に大きく影響することはありませんが、どこをどのように走行すると効率よくデータが取得できるかを検討します。あとは実際にその場所を走行して、情報を取得します。MMSはレーザー測量と高解像度の全周囲カメラ、GPS受信機が最低でも必要です。走行後に全ての情報を合わせて解析を行います。

MMSの情報は、GPSの位置情報に関連して記録されています。あとは車両の向きなどによる補正をかけながら、三次元のレーザー測量の結果から点群データを作り出したり、カメラの画像の向きを合わせるような修正を行います。点群のデータから矛者などの不要なものを取り除き、数値データとして扱えるようにします。画像はつなぎ合わせてズレが生じないようにして、見やすく加工します。

これらの情報は、そのままではなく加工することで三次元の情報にしたり、時系列の変化解析に利用するなどさまざまです。出来上がったデータを納品すれば全て完了となりますが、一度取得した情報は、加工次第でいろいろなデータに生まれ変わらせることが可能です。そのため一度取ったところは、基本的に何度も取る必要はありません。変化を解析するような時だけで十分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *