鳥瞰や俯瞰ができる空撮が魅力

対象物の撮影で、遠距離からの撮影をすると全体がおさまるのでインパクトがあります。部分的な切り取りも詳細な見方ができるので良いですが、印象的な迫力は、距離があればあるほど大きくなるかもしれません。そんなニーズに対応するのが鳥瞰や俯瞰の撮影です。水平な撮影や下からの見上げるような画角ではなく、上からの目線は、普通の生活で得られないものなので、とても目をひきます。

鳥瞰や俯瞰は対象物の上から撮影する必要があります。そのためはしごやクレーンを利用して撮影することもあります。それでは本当に迫力のある画像をとるのは難しいと言えます。そんな時は上空から全体を見渡せる空撮がおすすめです。

本当に飛んでいる鳥から見たように撮影したものが鳥瞰になります。最近ではドローンを利用して撮影できるので、飛行機やヘリコプターよりもさらに鳥の目線に近い撮影ができるようになりました。動画の空撮では、動き方も自由で動線がそのまま生き物のように見せることも可能です。いろいろな角度からの見方も一回の飛行でできるので、短時間で取得することが可能です。

高度を下げながら対象物に近くような撮影では、まるで鳥が舞い降りるような感覚を味わうこともできます。このように今までの静止画や動きの少ない空撮と異なり、自由な撮影が可能となったことで、その需要は増えてきています。飛行機よりもコストがかからないので、さらにいろいろな分野で利用が広がってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *