空撮に役立つ情報とは

空撮に役立つ情報とはなんでしょうか。空撮は航空機からの撮影で特殊な物でした。普通の人には身近ではありません。しかしドローンの登場でわたしたちのさまざまな生活に溶け込んでいます。

これまではヘリコプターや特殊撮影でしか見られなかった空からの地上の景色を自分の空撮で手に入る。例えば趣味であるゴルフ場のコースを事前に確認することができます。また災害時に社会の課題を解決しています。SNS・動画などの映像で楽しむこともできています。

では自分でも空撮ができるのでしょうか。インターネットで調べてみました見て行きましょう。基本中の基本が、「前進」と「後進」を意識して「高さ」と「低さ」も変化させるとさまざま映像になります。ほかにもいろんな技術があります。

ではドローンの金額と機能性を見て行きます。趣味であれば10万円くらいの価格帯からあります。安全機能が充実し操作とカメラワークを一人で行います、リュックに入れて気軽に楽しむこともできます。もちろんタブレットやスマートフォンから専用アプリで接続もできます。

ドローンを飛ばすのは、資格や免許は今のところ必要ないです。ただし、スクールや講習を受けることで正しいルールや技術を身につけることができます。どこでも飛ばして良いわけではありません。法で定められている空域以外での撮影は可能です。

公的な機関でも情報を公開しているので事前の確認が必要です。身近になったドローンであなたも空撮に挑戦してみませんか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *