モービルマッピングで地理情報取得を容易にする

モービルマッピングシステムは車に搭載するシステム、3次元レーザ計測機およびデジタルカメラなどで構成されたもので、走行中に建築物や道路の形状、標識やガードレール、道路に記されている路面文字などの情報を収集できる、これに加えてマンホールなどの道路情報を記録して3次元データを作り出す地理情報収集に役立てることができるものです。地理情報はコンピューター上で作成および保存を行ったものを、利用したり管理したりする、これに加えて検索する際に利用する情報の総称で、モービルマッピングシステムにより情報を集めることができます。一般的にはモービルマッピングとかかわることはすくないけれども、このシステムにより作成された地図を使うことは多いといえましょう。ネットの中にある地図情報は、道順を調べたいときや目的地までの距離を知りたいときなど便利なもの、現在地から一番近いコンビニを探したいときにも活用できるため利用頻度が多いと感じている人も多いのではないでしょうか。

また、自動走行運転が可能な車も、モービルマッピングシステムで取得した大容量点群データを基に自動走行や運転支援のための地図情報を提供している、取得データの精度が高くなることでより安全な自動走行が可能になって来ます。システムそのものはなじみがないけれども、モービルマッピングシステムで取得したデータを活用していることは多い、これはこの仕組みを理解することでその恩恵を得ていることがわかるのではないでしょうか。モービルマッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *