モービルマッピングとは何か

モービルマッピングシステムとは、建物や道路の形、標識や路面の文字などを車を走らせながら調査し、3次元位置情報を高精度にとらえることができるシステムです。その際に使う車には車両の位置を解析するためのGNSSアンテナや、加速や角度を計測するための慣性計測装置「IMU」、距離を計測する「オドメトリ」や左前・右前・左の三方向を映し出す「カメラ」、360度写せる「全方位カメラ」に空間を読み取るためのレーザーなどを搭載しています。モービルマッピングシステムを活用することによって、自己車両の姿勢や向きを解析して3次元の点群データを作り出し、写真撮影をした場所や向きを決めることができます。モービルマッピングによって得た結果で高精度3次元地図を作り出します。

それは自動運転のために必要な要素技術で、自分の車がどこにいるのかを正確に認識したり自動運転システムが用いるカーナビにも利用できることが期待されています。高精度なカメラやレーザーなどが搭載されているので、それらのセンサーが周辺の建物や地形などを効率よく地図にしていきます。車を走らせながら調査をしてくので、人が歩いて目で確認して地図を作るよりも短時間で広い範囲にわたってマッピングすることができます。モービルマッピングシステム車両を手掛ける企業では、より効率的で高精度なマッピングを作るため、できる限り高精度な測定ができるシステムが作られるように様々な技術を駆使し開発を進めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *