モービルマッピングとは何ですか?

モービルマッピングとは、正式にはモービルマッピングシステムと言います。「MMS」と頭文字を繋げて表現される事もありますが、簡単に言えば地図作製機の事です。手作業でマッピングする方法で、地図を作るという方法もありますが、それよりも多くの計測機械を搭載した車を走らせれば、手作業よりも精密な図面を作成する事が出来ますし速さも段違いになるメリットがあります。モービルマッピングに搭載される計測器は、車両によって多少の差はありますがGNSS等の測位端末装置や通信装置、表示装置、ジャイロセンサー等の慣性計測装置が多いです。

これにカメラやLiDARと言った計測装置、走行距離計等が加わり車両の天板に装着して使用するのが一般的なタイプと思って下さい。現在、グーグルマップ等を利用する人が少なくありませんが、あれらネット上で使用される地図の類を作成する為に、走っているモービルマッピング搭載車が注意していると時折、町で見る事が出来ます。現在、自動運転車の開発で各国の企業がしのぎを削っていますが、その成功のカギを握っている要素とも言えます。自動運転に不可欠なのは、目的地までの詳細な地形情報であり地図で示されている様子と、実際の現地の有様に大きい誤差があったりすると安全性の上でも大きい問題があります。

GPS等で大まかな状況把握が可能であったとしても、トンネル等があった場合には、やはり誤差は避けられません。これらの問題解決の為に、モービルマッピングはとても有効であり、現在も搭載センサーの改良が順次行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *