道路管理を効率化するモービルマッピング

道路は現代人の暮らしに欠かせないインフラであり、その管理は安定した社会を維持するのにとても重要です。しかし、全国には膨大な長さの道路が存在するため、たとえその一部であっても適正な管理を行うには大変な手間がかかります。そうした中、迅速かつ効率的に道路管理を行うことができるとして注目を集めている技術があります。それが、モービルマッピングです。

管理対象となる道路に車両を走行させるだけで、周辺の状況をチェックし、各種データを取得することができます。データはそのまま画像として閲覧できるほか、コンピュータで処理することにより地図の作製などの基礎資料として使えます。モービルマッピングでは、主として走行ルートの画像情報及び座標情報を取得します。使われるのは360度全方向の撮影が可能なデジタルカメラと、レーザー光を照射することによって対象までの距離を計測することができるレーザースキャナです。

これらを車両に搭載し、走行しながら操作することにより、路面やトンネル内部の状況、ガードレールや街路灯といった周辺工作物の状況などを記録することができます。カメラは連続撮影が可能ですし、レーザーは数センチメートル程度の間隔で照射できるので、走行中の周辺情報が自動的に次々と記録されます。モービルマッピングを利用すれば、道路の現状を精細に確認することができます。さらに、定期的に同じルートを走行すれば、その変遷を記録することも可能です。

陥没や亀裂などの不具合が生じていないか、土砂災害などによって通行に支障がないかといったことを知り、ただちに改修計画等を立てるのに役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *