走りながらデータをとれるモービルマッピング

自動車に専用の機材やソフトを導入すれば、走行しながら地理データなどを測定・収集できるのがモービルマッピングの魅力です。道路の状況を調べたり施設の測定をする他、道路の安全点検を目的として活用されてきました。収集できるデータは3次元のものとなっており、幅広い応用が可能となっています。データを取る仕組みは基本的にカメラの他に、GPSやレーザー測定器、走行距離を測るオドメーターなどを利用します。

まずはレーザーによって空間情報を取得して点群データを作っていくのが第一段階です。ただ点群データはこれだけでは見た目が良くないので、カメラの写真データも組み合わせることができます。モービルマッピングはGPSで位置情報を取得するほか、IMUなどを使って高精度のデータを集めることが可能です。製品にもよりますが、大体10センチくらいの誤差で測定できるものも見当たりました。

精度以外にも多彩なメリットがあり、製品によっては断面図を作成したり、寸法を計測できるものもあります。このソリューションを活用するには、自動車の上に専門の機材を取り付けるなど、少々一般の方では難しい作業になるので、プロに依頼すると良いでしょう。著名企業が参入している他に、モービルマッピングを専門的に扱って成長してきた会社もあります。それぞれに特徴が異なるので、じっくりと検討して最適な会社を選ぶことが大切です。

また計器の販売だけではなく、モービルマッピングを代行している会社もあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *