工事現場の管理にも使えるモービルマッピング

モービルマッピングは、機器を操作しながら移動することで地形や工作物などの様子を記録することのできる計測システムです。車に搭載するのが一般的ですが、船舶やドローン、場合によっては人が背負って移動することもできます。記録されたデータは、さまざまな目的に活用できます。モービルマッピングの最もポピュラーな利用例は、道路管理です。

乗用車の屋根に計測機器を取り付け、道路を走行すれば、自動的に周囲の光景がカメラによって撮影されます。同時に、レーザー計測機によってその場の詳細な状況、たとえば路面の凹み具合や街路樹の間隔、路肩にある自然石の大きさなどを縦・横・奥行きの座標データとして取得できます。これをコンピュータ処理すれば、詳細な3Dモデルなどを作り出せます。モービルマッピングによって得られたデータは日常的な道路管理に役立つほか、土砂崩れなどの災害が発生した場合にいち早く現地の状況を把握し、復旧工事に着手する際の資料として使えます。

また、建設中の道路における進捗状況の管理などにも活用できます。定期的に現場を走行すれば、残土の移動状況などを把握するのに役立ちます。工事現場が広範囲にわたる場合、人力のみですべてのエリアを調査するのは大変な手間がかかりますが、モービルマッピングであれば車両を運転するドライバーが1人いれば後は機器類が自動的に計測を行ってくれるので、合理的に現場管理を行うことが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *