SMSとMMSの違い

電話番号を使って電話ではなく、短文のメッセージを送信することができるショートメッセージサービス「SMS」に対し「MMS」というメッセージ方法があります。SMSではメールアドレスを知らない相手でも電話番号が登録されていればメッセージを送受信できますが、文字数に制限があったり画像やデータファイルを送ることができないというデメリットがあります。それに対してMMSはマルチメディアメッセージサービスの略語で、相手が自分と同じキャリアで@マーク以降が同じメールアドレスであれば、写真や絵文字などをつけてメッセージのやり取りができ、SMSのように1回に送信する文字数に上限がないので長文で送ることができます。また料金については、SMSの方は1回あたりの文字数にもよりますが送信をするのに3円程度かかります。

また格安SIMを使用している場合は別途料金がかかってきます。一方MMSの場合はデータ通信料のみがかかるだけです。このようにMMSの方が長文や写真付きでも送ることができ、利用料もパケット定額料金で契約していればそれ以上費用が掛からないので使いやすいです。ただし、キャリアごとに異なるアプリが必要であることと送る相手が同じキャリアの持ち主であることが条件なので、相手が違うキャリアの携帯を使っていたり自分が違うキャリアに変更すれば使えなくなります。

またキャリアや機種によっては、Wi-Fiを使って送受信ができない場合もあることがデメリットといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *