ドクターヘリは使った方が良い場合もある

ドクターヘリは病気になった人を病院に素早く運ぶ方法です。心筋梗塞が起こった時などはドクターヘリを使った方が良い場合も多いです。脳梗塞や大量の出血など他にもドクターヘリを使わなければならないことがあります。もちろん使わなくても良い場合もあります。

救急病院が近くにある時は使う必要はありません。一般の人にとって、一番気になるのは費用のことでしょう。ドクターヘリを使った費用は請求されません。これは救急車と同じです。

ただし名前の通り医師がヘリに乗ってくるので往診代は必要になります。往診代と言っても非常に高額になることはありません。例えば保険が一割負担の人だったら、総額の一割払うだけです。病気で人が倒れた時はまず救急車を呼ぶことになります。

救急隊員が病気の人の状態を見て、ヘリを呼んだほうが良いと判断します。その後家族に呼んでいいかたずねるでしょう。その時に費用が掛かることも言われます。不安を感じるかもしれませんが、状態が悪い時は頼んだほうが賢明です。

ただし、ドクターヘリには着陸というハードルがあります。ある程度広い場所がないと、着陸は不可能です。例えば住宅が密集した団地などは難しいこともあります。その場合は着陸するところまで救急車で運ばれます。

運ばれたら状態チェックの実施です。この時に血圧や心臓の状態、呼吸の状態などが分かるようになります。医師の蘇生処置がうまく行って病気が改善することもあります。ドクターヘリのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *