ドクターヘリの持つ可能性とは?

急患を病院等に出来る限り早く搬送するのが救急車の役割ですが、ドクターヘリは現場にいち早く到着してその場で緊急の治療や処置を行い、患者を適切な医療機関に搬送するのが仕事となっています。救急車とは当初の任務の目的も異なりますが、1番大きな違いは現場に到着するまでの速さということではないでしょうか。救急車ではどうしても、場合によっては他の自動車が路肩に避けることも不可能な渋滞に引っ掛かってしまうという懸念がありますが、ヘリコプターにはそのような渋滞が発生する心配がありません。速度も自動車とは比較にならず、小回りが利くというのもドクターヘリの大きな利点です。

日本にはまだまだ離島は山間地域に住む人が少なくなく、そういった地域では医療機関が不足しているのが実情です。そういった地域で急な病気になったり怪我をした際に、適切な処置が行える病院に搬送するまでに相当な時間が掛かってしまうということもあります。ドクターヘリはそういった僻地にも短い時間で到着することが可能で、現場で適切な処置を施すことで多くの人の命を救ってきました。こういった地域では、深刻な医師や医療機関の不足が心配されるところですが、ドクターヘリは今後はこういった医療の手が届きにくい地域に医師を派遣する「ドクターデリバリーヘリ」としての活躍も多くの人に期待されています。

そしてそれは、同時に医療の現場での課題のひとつとしても挙げられていることでもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *