ドクターヘリの大切な働き

病気やけがに遭遇したときに大切なことは、いち早く救急処置を行うということです。一分、一秒の違いで命が助かるももしくは助からないか、ということもあるほどです。そのためには医療機関に連絡して適切な処置を行ってもらう必要があります。しかし、中には最寄りの病院では処置できないあるいは、事故にあった現場から病院が離れている、といった緊急な事態が生じることがあります。

では、そんな時にどうするのでしょうか?それは、ドクターヘリが患者をふさわしい医療機関に届けてくれるのです。出動させるかどうかは、私たちが判断するのではなく医師や病院の判断で行いますが、緊急性が高いと判断したときに出動します。ヘリの中には、フライトドクター、パイロット、フライトナース、整備士が乗り込みます。ドクターヘリは事故現場以外にも大規模災害などが発生したときにも活躍しています。

機内では、患者が少しでも落ち着いていられるように精神的なサポートも行われます。こうしたことを考えるなら、人の命というのはとても大切であることがわかります。ドクターヘリに遭遇することはあまりありませんが着陸地は、学校の校庭や公園、空き地は球場などですので、もしかするとどこかで遭遇することがあるかもしれません。そんな時にはヘリが安全に着陸もしくは離陸することが出来るように協力する必要があります。

私たち一人ひとりの協力と理解により、人の命を救うことになるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *