救命率向上と後遺症軽減に役立つドクターヘリ

ドクターヘリは医療を必要としている人のもとへ医師と看護師を運ぶヘリコプターです。初期治療に必要な医療機器や医療品も装備しており、通常は基地となる病院の敷地内に待機していますが要請に応じて出動して救命処置に当たります。患者を医療機関から医療機関へ運んだり、離島や医療過疎地域から機関病院へ運んだりすることにも利用されており緊急性だけでなく、医療の地域格差を補うことにも利用されています。救急車との大きな違いは医師が搭乗することで現場で迅速に医療措置ができることです。

これにより救命率だけでなく後遺症が残る率も軽減できます。ドクターヘリの要請は運航範囲内にある消防本部がおこないます。救急車のように個人が直接依頼することはできず、要請を受けた消防本部が基地病院へ依頼します。現場で患者を診た救急隊員が必要と判断した場合も出動が要請され、その場合はランデブーポイントで救急車と合流します。

ヘリ内では患者の様子を聞きながら医師や看護師が初期治療の準備をし、現場では救急隊員が救命処置を施しランデブーポイントへ向かうのです。合流後はドクターが救急車のなかで初期治療を施し患者をヘリコプターに乗せて病院へ向かいますす。ドクターヘリの運用方法はいろいろで、都道府県の枠を超えて広域運用されている例もあります。東北地方では隣県同士で乗り入れ態勢が整っており、関西広域県でも同様です。

また岐阜県の北部地区は基地病院からでは運航範囲目安を超えることから隣県の富山県と共同運航しており、自治体によっては消防防災ヘリコプターをドクターヘリのように活用しているところもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *