ドクターヘリの役割って何?

医療をテーマにしたテレビドラマが多くなるにつれて、以前よりもドラマを通して医療の現場を垣間見る機会が増えました。その中でもドクターヘリは、緊急の際に出動して人々の命を救う大きな味方となっています。では、どんな時にこのドクターヘリが出動することになるのでしょうか。ドクターヘリの大きな役割は、救急の現場に医師を少しでも早く連れて行くということです。

そこで素早く移動出来てなお且つ小回りの利くヘリコプターが移動手段となります。機内には初期治療のために必要な医薬品や医療機器が搭載されています。現場に到着してからは、フライトドクターが傷病者に速やかな治療処置を行ったうえで適切な医療機関に患者を搬送します。救急車と大きく異なるのは、救急車の目的は医療機関に患者を搬送することですがドクターヘリは現場到着後に速やかに治療が行えるというところです。

また、ドクターヘリは身近な地域に医療機関がないという人々にも大きな安心を与える可能性を秘めています。離島や山村といった僻地に急患が出た場合に出動することで、患者をいち早く適切な医療機関に送り込み治療を施すことが可能になるため、救命率を格段に上げることが可能となります。現在でも行われてはいますが、このような利用の方法が完全に実現するようになれば、地域の医療格差というものがなくなり、どんな地域でもみんなが安心して住む場所を選ぶことが出来るようになるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *