緊急時にドクターヘリは使われる

ドクターヘリは緊急時に使われる搬送手段です。例えば、患者さんが脳梗塞を起こしており、一刻も早く病因に運ばなければならない時にドクターヘリが使われます。他には病院が近隣にない地方で使われることもあります。ドクターヘリは救急車にかわる搬送の方法です。

誰かが病気で深刻な状態にあるときに使われるのが救急車ですが、それでは間に合わない時に使われることが多いです。一般の人には使用すべきかどうか分からないこともあるでしょう。まず救急車を呼ぶことが大切です。救急隊員は医学の知識を持っており、蘇生の方法も試すことができます。

それをしたうえでヘリを使うかどうか判断してもらうのが良い方法です。ドクターヘリは着陸する場所が必要で、この点も考えなければなりません。例えば住宅が密集している場所では着陸できないので、近い場所で着陸できるところを探す必要があります。この点は救急隊員が判断してくれるので、彼らに任せましょう。

着陸の場所までは救急車が使われます。ヘリには医師が載っており、患者さんの状態を素早くチェックします。血圧や心臓の動き、血液中の酸素の量といったことがチェックの対象です。その後病院に搬送されます。

ドクターヘリを使ったからと言ってお金を請求されることはありません。それは救急車の使用と同じです。しかし、医師が来ているので往診代は払わなければなりません。保険が使えるので例えば三割負担の人だったら、三割の往診代を払うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *