おもちゃのサブスクでの消毒と洗浄

現代は新型コロナの時代です。そのため、どこの誰かが触ったかわからないものにはあまり手を触れないようにするのが一番だと言われています。おもちゃなどにもそれは十分に言えることで、保育園などでもクラスターが起こりやすいというニュースをあちこちで見ていると、他の子供が遊んでいたものに自分の子供が触るのは嫌だと思う親も多いことでしょう。では、おもちゃのサブスクのサービスではその点はどうなっているでしょうか。

一定期間だけレンタルをし、その後は返却してまた新しいものと交換するという。そういう形式を取る以上は、やはり他の子供が何度か手にしたものであることが当然です。そういうおもちゃを手に取ることで問題は起こらないものでしょうか。サブスクでおもちゃを扱う際には、その点は細心の注意を持って行われています。

徹底した管理と消毒は常に心がけられ、新型コロナに限らず、触った瞬間に不快なべとつきがあるようなことも一切ないようにされているのです。人が触ったことのあるおもちゃを扱う以上は、その痕跡を感じさせなくすることがレンタルで利用する上では何よりもの必要事項となるのです。サブスクではそうした点で不安やストレスを与えることがないよう、徹底したマニュアルが敷かれ、洗浄した後はしっかりと乾かし、子供たちの手に送られるまでには新品同様と言えるような状態にまで磨かれているようになっています。落書きなど前に扱った子供が汚してしまった際にもこれを綺麗に除去する形にされているのです。

Filed under: おもちゃ, サブスク, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website